JR舞鶴線の西舞鶴-東舞鶴間の天台川架道橋の橋桁に、清涼飲料水を運搬中のトラックが衝突(京都府舞鶴市)

特急と普通電車計12本が運転を取りやめた

30代の運転手の男性にけがはな

JR舞鶴線の西舞鶴-東舞鶴間の天台川架道橋の橋桁に、清涼飲料水を運搬中のトラックが衝突(京都府舞鶴市)

JR舞鶴線の西舞鶴-東舞鶴間の天台川架道橋の橋桁に、清涼飲料水を運搬中のトラックが衝突(京都府舞鶴市)

  17日午後3時半ごろ、京都府舞鶴市天台、JR舞鶴線の西舞鶴-東舞鶴間の天台川架道橋の橋桁に、清涼飲料水を運搬中のトラックが衝突した。

30代の運転手の男性にけがはなかった。

 事故の影響で、JR西日本は同区間で運転を見合わせ、午後7時50分ごろに再開した。

JR西福知山支社によると、特急と普通電車計12本が運転を取りやめたほか、計3本で最大3時間47分遅れ、約千人に影響が出た。舞鶴署はトラックの運転手から状況を聞き、原因を調べている。

京都新聞 2017/10/17(火)

京都府舞鶴市天台、JR舞鶴線の西舞鶴-東舞鶴間の天台川架道橋の橋桁に、清涼飲料水を運搬中のトラックが衝突するという事故が起きました。

この事故で、列車に運休や遅れが出たとのことです。