横断歩道を渡っていた66歳の女性がバスにはねられ死亡(愛知県知多郡美浜町)

バスの運転手の榊原浩容疑者(54)を現行犯逮捕

バスは、美浜町の「えびせんべいの里」から河和駅に向かう途中

横断歩道を渡っていた66歳の女性がバスにはねられ死亡(愛知県知多郡美浜町)

横断歩道を渡っていた66歳の女性がバスにはねられ死亡(愛知県知多郡美浜町)

 愛知県美浜町で、横断歩道を渡っていた66歳の女性がバスにはねられ、死亡しました。

 24日午前11時20分ごろ、美浜町北方の交差点で、横断歩道を渡っていた美浜町の66歳の女性がバスにはねられました。

 女性は意識不明の状態で病院に運ばれましたが、その後死亡しました。

 事故を起こしたバスは、美浜町の「えびせんべいの里」から河和駅に向かう途中で、知多乗合が運行を委託されていました。

事故当時、乗客はいませんでした。

 警察は、バスの運転手の榊原浩容疑者(54)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、詳しい状況を調べています。

 知多乗合は「原因を調査し、事故防止に努めたい」とコメントしています。

CBCテレビ 2017/9/25(月)

愛知県美浜町で、横断歩道を渡っていた66歳の女性がバスにはねられ、死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。