クレーン車を運転の根上弘樹容疑者(47)ミニバイクに乗った檜森万里さん(39)をはねて逃走(京都府長岡京市)

「事故を起こした認識がなく、逃げたつもりもない」

接触の跡があるクレーン車が走っているのを警察が見つけて逮捕

koutujiko_img

 クレーン車の運転手は「事故を起こした認識がなく、逃げたつもりもない」と話しています。

 根上弘樹容疑者(47)は12日夕方、京都府長岡京市でクレーン車を運転中、ミニバイクに乗った檜森万里さん(39)をはねて死亡させ、そのまま逃走した過失運転致死などの疑いが持たれています。

 事故から約20分後、現場から5キロほど離れた京都市内で、接触の跡があるクレーン車が走っているのを警察が見つけて逮捕したということです。

 根上容疑者は「事故を起こした認識がなく、逃げたつもりもない」と容疑を否認しています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 9月13日

根上容疑者は「事故を起こした認識がなく、逃げたつもりもない」と容疑を否認しているとのことですが、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。