無免許の少年(18)が運転する車と老人ホームの車が衝突し、70歳の女性が死亡(茨城県水戸市)

老人ホーム利用者の大高照子さん(70)が死亡

運転していた老人ホーム職員の47歳の女性が腰の骨を折る重傷

無免許の少年(18)が運転する車と老人ホームの車が衝突し、70歳の女性が死亡(茨城県水戸市)

無免許の少年(18)が運転する車と老人ホームの車が衝突し、70歳の女性が死亡(茨城県水戸市)

 無免許の少年が運転する車と老人ホームの車が衝突し、70歳の女性が死亡しました。

 16日午前8時45分ごろ、水戸市の市道で無職の18歳の少年が運転する乗用車が対向車線にはみ出し、前から走ってきた老人ホームの送迎車に衝突しました。

この事故で老人ホームの利用者・大高照子さんが死亡、運転していた老人ホーム職員の47歳の女性が腰の骨を折る重傷です。

警察によりますと、18歳の少年は免許を持っていませんでした。

少年は胸を打つけがで入院していて、警察は今後、少年から事情を聴く方針です。

テレ朝news 2017/9/16(土)

無免許の少年が運転する車と老人ホームの車が衝突、70歳の女性が死亡し、運転していた老人ホーム職員の47歳の女性が腰の骨を折る重傷を負うという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方の回復をお祈りします。