逆走トラックとトレーラーの正面衝突、運転手心臓疾患による病死(宮城県仙台市宮城野区)

現場にブレーキ跡はなく直前に意識を失っていた可能性

仙台市宮城野区燕沢東1丁目の国道4号仙台バイパス

逆走トラックとトレーラーの正面衝突、運転手心臓疾患による病死(宮城県仙台市宮城野区)

逆走トラックとトレーラーの正面衝突、運転手心臓疾患による病死(宮城県仙台市宮城野区)

26日午前7時10分ごろ、仙台市宮城野区燕沢東1丁目の国道4号仙台バイパスで、青葉区のアルバイトの男性(65)のトラックが中央分離帯を乗り越えて反対車線を逆走し、対向してきた宮城県大和町の男性会社員(54)の大型トレーラーと正面衝突した。

トラックの男性は約1時間40分後に搬送先の市内の病院で死亡した。
死因は心臓疾患による病死。

仙台東署によると、現場にブレーキ跡はなく、直前に意識を失っていた可能性がある。

大型トレーラーの男性は肩に軽いけが。

大型トレーラーの男性は「トラックがふらふらしながら中央分離帯を乗り越えてきた」と話しており、同署が原因を調べている。

現場は片側2車線の見通しの良い直線道路。

事故による通行止めで、上り車線が最長約6キロ渋滞した。

河北新報 2017/1/26(木)

トラックの男性は約1時間40分後に搬送先の市内の病院で死亡しました。
死因は心臓疾患による病死との事です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

怪我をされた方の回復をお祈りします。