道路を歩いて渡っていた三浦長保さん(82)がオートバイにはねられ死亡(岩手県盛岡市)

事故があったのは盛岡市西青山の市道

三浦さんは散歩の途中だった

道路を歩いて渡っていた三浦長保さん(82)がオートバイにはねられ死亡(岩手県盛岡市)

道路を歩いて渡っていた三浦長保さん(82)がオートバイにはねられ死亡(岩手県盛岡市)

 21日、岩手県盛岡市の市道で、道路を歩いて渡っていた80代の男性がオートバイにはねられ死亡しました。

 事故があったのは盛岡市西青山の市道で、21日午後6時半前、近くに住む無職 三浦長保さん82歳が歩いて道路を横断していたところ、左から来たオートバイにはねられました。

この事故で三浦さんは、足の骨を折るなどして病院に運ばれましたが、およそ6時間半後に出血性ショックのため亡くなりました。

(近くに住む人)
「(家の)奥の方にいたんですけどね、ドーンという音がして(音が)なんか、ピタッと止まったので、これは事故だと思って見たら、お年寄りの方が歩道に座ってらして」

 警察はオートバイを運転していた男性から、話を聞くなどして事故の原因を詳しく調べています。

三浦さんは散歩の途中でした。

21日、秋の全国交通安全運動が始まりましたが期間中、県内では初めての交通死亡事故となりました。

IBC岩手放送 2017/9/22(金)

岩手県盛岡市の市道で、道路を歩いて渡っていた80代の男性がオートバイにはねられ死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 

バイク用ドライブレコーダー

バイク用 高性能 ドライブレコーダー