地域のごみ当番で、吹雪の中を歩いていた酒井ミツ江さん(90)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県妙高市)

酒井さんは地域のごみ当番で、ごみの集積所の除雪作業に向かう途中だった

軽乗用車を運転していた21歳の会社員は調べに対し、「気がついたら目の前に人がいた」と話している

地域のごみ当番で、吹雪の中を歩いていた酒井ミツ江さん(90)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県妙高市)

地域のごみ当番で、吹雪の中を歩いていた酒井ミツ江さん(90)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県妙高市)


地域のごみ当番で、吹雪の中を歩いていた酒井ミツ江さん(90)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県妙高市)

地域のごみ当番で、吹雪の中を歩いていた酒井ミツ江さん(90)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県妙高市)

26日朝早く、妙高市の国道で歩いていた90歳の女性が軽乗用車にはねられ死亡しました。

警察によりますと、女性は地域のごみ当番で、吹雪の中をごみ集積所に向かう途中だったということで、警察が事故の状況を詳しく調べています。

26日朝5時半ごろ妙高市除戸の国道で、近くに住む酒井ミツ江さんが(90歳)歩いていたところ、軽乗用車にはねられました。

酒井さんは病院に搬送されましたが、胸などを強く打っていて、まもなく死亡しました。

警察によりますと、事故当時、現場周辺は吹雪で見通しが悪く、軽乗用車を運転していた21歳の会社員は調べに対し、「気がついたら目の前に人がいた」と話しているということです。

酒井さんは地域のごみ当番で、ごみの集積所の除雪作業に向かう途中だったということで、警察が事故の状況を詳しく調べています。

NHK NEWS WEB 2018/1/26(金)

新潟県妙高市で、地域のごみ当番で吹雪の中を歩いていた女性(90)が軽乗用車にはねられ死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。