乗用車が横転し、歩道を歩いていた男性を直撃(愛知県名古屋市熱田区)

男性は左胸の骨を折ったとみられ、病院に搬送

乗用車を運転していた40代の男性は「スピードを出しすぎて、カーブを曲がり切れなかった」などと説明

乗用車が横転し、歩道を歩いていた男性を直撃(愛知県名古屋市熱田区)

乗用車が横転し、歩道を歩いていた男性を直撃(愛知県名古屋市熱田区)


乗用車が横転し、歩道を歩いていた男性を直撃(愛知県名古屋市熱田区)

乗用車が横転し、歩道を歩いていた男性を直撃(愛知県名古屋市熱田区)

 3日午前6時半ごろ、名古屋市熱田区金山町の県道で乗用車が横転し、歩道を歩いていた男性を直撃した。

 男性は左胸の骨を折ったとみられ、病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 乗用車を運転していた40代の男性は「スピードを出しすぎて、カーブを曲がり切れなかった」などと説明しているということで、警察が詳しい事故の状況を調べている。

中京テレビ 2017/10/3(火)

名古屋市熱田区金山町の県道で乗用車が横転し、歩道を歩いていた男性を直撃するという事故が起きました。

男性は左胸の骨を折ったとみられるとのことです。

怪我をされた方の回復をお祈りします。