観光バスと軽乗用車が正面衝突し、女性重傷(北海道亀田郡七飯町)

軽乗用車が対向車線にはみ出したとみている

路面はシャーベット状態

観光バスと軽乗用車が正面衝突し、女性重傷(北海道亀田郡七飯町)

観光バスと軽乗用車が正面衝突し、女性重傷(北海道亀田郡七飯町)

2月6日午前、北海道七飯町の道道で、軽乗用車と観光バスが、正面衝突する事故があり、女性1人が重傷です。

記者:「路面は当時もシャーベット状態でした。事故を起こした車は、前の部分がめちゃめちゃに壊れてしまっています」

事故があったのは、七飯町大沼町の道道です。6日午前10時ごろ、函館市方面に向かっていた軽乗用車と、対向車線を走っていた観光バスが正面衝突しました。

この事故で、軽乗用車を運転していた55歳の女性が、胸や足を打ち重傷です。

観光バスには、日本人の乗客乗員約50人が乗っていましたが、けがはないということです。

現場は、片側一車線の直線道路で、警察は、軽乗用車が対向車線にはみ出したとみて、事故の原因を調べています。

UHB 北海道文化放送 2017/2/6(月)

北海道七飯町の道道で、軽乗用車と観光バスが、正面衝突するという事故が起きました。

警察は、軽乗用車が対向車線にはみ出したとみて、事故の原因を調べているとのことです。

怪我をされた方の回復をお祈りします。