76歳の男性が運転する車が、整骨院に突っ込み治療中の女性けが(奈良県奈良市)

後ろの建物の駐車場でバックし他の車に衝突後、道路を横切り突っ込む

「バックで駐車しようとしてほかの車にぶつかり、前進しようとしたところアクセルを強く踏みすぎてしまった」

76歳の男性が運転する車が、整骨院に突っ込み治療中の女性けが(奈良県奈良市)

76歳の男性が運転する車が、整骨院に突っ込み治療中の女性けが(奈良県奈良市)


76歳の男性が運転する車が、整骨院に突っ込み治療中の女性けが(奈良県奈良市)

76歳の男性が運転する車が、整骨院に突っ込み治療中の女性けが(奈良県奈良市)

21日午前、奈良市の整骨院に、76歳の男性が運転する乗用車が突っ込み、治療を受けていた女性がベッドから転落して、足に軽いけがをしました。

21日午前9時すぎ、奈良市西大寺本町にある整骨院に市内に住む76歳の男性が運転する乗用車が突っ込みました。

車は、ガラスを突き破って、車体の前半分が建物に入った状態で止まり、治療を受けていた50代の女性が大きな音に驚いてベッドから転落し、足に軽いけがをしました。

警察によりますと、運転していた男性は「バックで駐車しようとしてほかの車にぶつかり、前進しようとしたところアクセルを強く踏みすぎてしまった」と話しているということです。

警察が事故の状況を調べています。

現場は、近鉄奈良線の大和西大寺駅から北西に100メートルほど離れた商店やマンションが建ち並ぶ地域です。

NHK NEWS WEB 2017/2/21(火)

76歳の男性が運転する乗用車が、接骨院に突っ込むという事故が起きました。

治療を受けていた女性が、足に軽いけがをしたとのことです。

運転していた男性は「バックで駐車しようとしてほかの車にぶつかり、前進しようとしたところアクセルを強く踏みすぎてしまった」と話しているとのことです。

一歩間違えば大事故になるところでした。

怪我をされた方の回復をお祈りします。