路上でケガをしたネコを救助していた警察官2人を前田圭介容疑者(20)がひき逃げした疑いで逮捕(埼玉県さいたま市)

警察官2人はヒザを骨折するなどの重傷

調べに対し容疑を認め、「怖くなって逃げた」と話している

patrol_car_img

 埼玉県で警察官2人をひき逃げしたとして20歳の男が逮捕された。警察官らは当時、路上でケガをしたネコを救助している最中だった。

 警察によると、逮捕された前田圭介容疑者は22日夜、さいたま市の路上で、警察官2人をひき逃げした疑いがもたれている。

 警察官2人はヒザを骨折するなどの重傷。

 警察官5人でネコを救助している最中に2人がひき逃げされたが、無事だった警察官が逃げた車のナンバーを覚えていて、それがきっかけで前田容疑者が逮捕されたという。

 前田容疑者からはアルコールが検出されていて、調べに対し容疑を認め、「怖くなって逃げた」と話しているという。

 なお、ネコはその後、無事救助されたという。

(日本テレビ系(NNN)2016年 8月23日

前田容疑者からはアルコールが検出されていて、調べに対し容疑を認め、「怖くなって逃げた」と話しているということですが、酒気帯びでひき逃げとは悪質ですね。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。