タクシーが歩行者、男女4人をはねる(東京都練馬区)

1人が腰の骨を折る重傷

タクシーの運転手(35)を現行犯逮捕

タクシーが歩行者、男女4人をはねる(東京都練馬区)

タクシーが歩行者、男女4人をはねる(東京都練馬区)

東京・練馬区で、タクシーが道路上にいた歩行者4人をはねました。

4人は病院に搬送されましたが、1人が腰の骨を折る重傷で、運転手の男が現行犯逮捕されました。

 6日午前3時前、練馬区豊玉北で、35歳の男が運転するタクシーが車道にいた20代から40代の男女4人をはねました。

4人は病院に運ばれ、このうち31歳の男性が腰の骨を折る重傷。
他の3人は頭を打撲するなど軽傷です。

運転手の男はその場で過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。

現場は見通しの良い道路で、運転手の男は「遠くを見ていて気が付かなかった」と容疑を認めています。

けがをした4人は知人同士で、近くの店に向かう途中だったということです。

警視庁が事故の状況を詳しく調べています。

テレビ朝日系(ANN) 2017/3/6(月)

タクシーが歩行者、男女4人をはねるという事故が起きました。

4人のうち、31歳の男性が腰の骨を折る重傷、3人は頭を打撲するなど軽傷だとのことです。

怪我をされた方々の回復をお祈りします。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ