軽ワゴン車にはねられ、九貫徳也さん(84)と妻の良子さん(81)が死亡(東京都練馬区)

軽ワゴン車を運転していた、牧志厚栄容疑者(50)を現行犯逮捕

「スピードを出し過ぎて、人がいるのに気づくのが遅くなりました」

軽ワゴン車にはねられ、九貫徳也さん(84)と妻の良子さん(81)が死亡(東京都練馬区)

軽ワゴン車にはねられ、九貫徳也さん(84)と妻の良子さん(81)が死亡(東京都練馬区)

東京・練馬区で15日夜、80代の夫婦が軽ワゴン車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

15日午後9時半ごろ、練馬区中村南の交差点付近の路上で、近くに住む無職・九貫徳也さん(84)と、妻の良子さん(81)が、直進してきた軽ワゴン車にはねられ、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

軽ワゴン車の運転手で、過失運転致傷の現行犯で逮捕された、牧志厚栄容疑者(50)は「スピードを出し過ぎて、人がいるのに気づくのが遅くなりました」と供述しているという。

警視庁は、事故のくわしい原因を調べている。

FNN 2018/1/16(火)

東京都練馬区の路上で、軽ワゴン車にはねられ、80代の夫婦が死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。