大阪府警・寝屋川警察署の巡査長 大江翼容疑者(27)が、酒気帯び運転で事故を起こし、隠すために身代わりをたて犯人隠避教唆などの疑いで逮捕(大阪府寝屋川市)

身代わりになった小久保弘一容疑者(56)も犯人隠避の疑いで逮捕

大江容疑者は「ばれたくなかった」などと話している

大阪府警・寝屋川警察署の巡査長 大江翼容疑者(27)が、酒気帯び運転で事故を起こし、隠すために身代わりをたて犯人隠避教唆などの疑いで逮捕(大阪府寝屋川市)

大阪府警・寝屋川警察署の巡査長 大江翼容疑者(27)が、酒気帯び運転で事故を起こし、隠すために身代わりをたて犯人隠避教唆などの疑いで逮捕(大阪府寝屋川市)

 大阪府警の27歳の巡査長が酒気帯び運転を隠ぺいするため身代わりをたて、事故処理をした警察官に口止めをしたとして逮捕されました。

 犯人隠避教唆などの疑いで逮捕されたのは、寝屋川警察署の巡査長、大江翼容疑者(27)です。

大江容疑者は今年の10月12日未明、京阪寝屋川市駅前のロータリーで、酒気帯びの状態で車を運転して植え込みに突っ込む事故を起こし、身代わりをたてたうえ、事故処理をした警察官2人に自分が運転していたことを口止めした疑いが持たれています。

 また、身代わりになった兵庫県宝塚市の土木会社社長、小久保弘一容疑者(56)も犯人隠避の疑いで逮捕されました。

調べに対して2人は容疑を認め、大江容疑者は「ばれたくなかった」などと話しているということです。

TBS系(JNN)2017/12/7(木)

大阪府警・寝屋川警察署の巡査長(27)が、酒気帯び運転で事故を起こし、隠すために身代わりをたて犯人隠避教唆などの疑いで逮捕されたとのことです。

飲酒運転は、絶対に許せません。