脇見運転で渋滞気づかずに、前方の車に追突(新潟県新潟市)

渋滞で止まっていた前方の車に追突した後、横転

運転手は、「脇見運転をしていた」と話している

脇見運転で渋滞気づかずに、前方の車に追突(新潟県新潟市)

脇見運転で渋滞気づかずに、前方の車に追突(新潟県新潟市)


脇見運転で渋滞気づかずに、前方の車に追突(新潟県新潟市)

脇見運転で渋滞気づかずに、前方の車に追突(新潟県新潟市)

乗用車が前方の車に追突して横転し、2人がけがをしました。

 事故があったのは新潟市内の県道で、警察によりますと、31日午前8時すぎ、普通乗用車が渋滞で止まっていた前方の車に追突した後、横転しました。

この事故で、普通乗用車を運転していた男性と追突された車に乗っていた3歳の男の子が病院に搬送されましたが、打撲などの軽傷とみられます。

追突した普通乗用車の運転手は、警察に対して「脇見運転をしていた」と話しているということです。

テレビ朝日系(ANN) 2017/1/31(火)

普通乗用車が渋滞で止まっていた前方の車に追突した後、横転するという事故が起きました。

普通乗用車の運転手は、警察に対して「脇見運転をしていた」と話しているとの事です。

怪我をされた方々の回復をお祈りします。