走行中の大型トラックが横転し、片側2車線をふさぐ(岡山県岡山市南区)

現場はJR備前西市駅の東約250メートルの幹線道

運転の男性(38)は、軽傷の見込み

走行中の大型トラックが横転し、片側2車線をふさぐ(岡山県岡山市南区)

走行中の大型トラックが横転し、片側2車線をふさぐ(岡山県岡山市南区)

14日午前5時50分ごろ、岡山市南区西市の国道2号で、走行中の大型トラックが横転、車両が上りの片側2車線をふさいだ。

現場付近を先頭に渋滞が発生し、通勤時間帯とも重なったため、同8時半ごろには西約10キロの山陽自動車道早島インターチェンジ出入り口付近まで伸びた。

 現場はJR備前西市駅の東約250メートルの幹線道。

脇の側道には高さ6・8メートルの鉄製支柱で掲げられた道路の案内標識が倒れており、トラックがぶつかった衝撃で根元付近から折れたとみられる。

 岡山県警によると、運転の男性(38)は軽傷の見込み。

通行止めは午前11時15分に解除された。
事故原因を調べている。

山陽新聞 さんデジ 2017/4/14(金)

走行中の大型トラックが横転し、片側2車線をふさぐ事故が起きました。

運転していた男性(38)は、軽傷の見込みとのことです。

怪我をされた方の回復をお祈りします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー