沖縄自動車道で車5台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体、1人が軽傷(沖縄県沖縄市)

40代とみられる外国人男性が意識不明の重体

現場は、沖縄自動車道の南インターチェンジから北インターチェンジ向け21・3キロの地点

沖縄自動車道で車5台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体、1人が軽傷(沖縄県沖縄市)

沖縄自動車道で車5台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体、1人が軽傷(沖縄県沖縄市)画像:琉球新報社


沖縄自動車道で車5台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体、1人が軽傷(沖縄県沖縄市)

沖縄自動車道で車5台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体、1人が軽傷(沖縄県沖縄市)画像:琉球新報社

 沖縄自動車道で車5台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体、1人が軽傷です。

 1日午前4時50分ごろ、沖縄市の沖縄自動車道の下り車線で、「頭から出血しているけが人がいる」と通報がありました。

車5台が絡む追突事故で2人が病院に搬送され、このうち40代とみられる外国人男性が意識不明の重体、もう1人の日本人男性が軽傷です。

警察は、事故の原因などを詳しく調べています。

テレ朝news 2017/12/1(金)

 1日午前4時50分ごろ、沖縄自動車道の南インターチェンジから北インターチェンジ向け21・3キロの地点で「事故があり、男性が倒れている」との通報が目撃者から県警にあった。

県警によると、車両5台が衝突する事故があり、外国人と日本人の成人男性2人が本島中部の病院に搬送された。

外国人男性は意識不明の重体で、日本人男性は軽傷という。

 南インターチェンジから北インターチェンジの区間が通行止めとなり、午前9時半時点で南出口から南向けが約15㌔の渋滞となった。

琉球新報社 2017/12/1(金)

沖縄市の沖縄自動車道で車5台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体、1人が軽傷を負ったとのことです。

けがをされた方々の回復をお祈りします。