軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガ(福島県双葉郡大熊町)

マイクロバスは福島第一原発に向かう途中

バスには、東京電力の協力企業の作業員など22人が乗っていた

軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガ(福島県双葉郡大熊町)

軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガ(福島県双葉郡大熊町)


軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガ(福島県双葉郡大熊町)

軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガ(福島県双葉郡大熊町)


軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガ(福島県双葉郡大熊町)

軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガ(福島県双葉郡大熊町)

12日早朝、福島県大熊町の国道6号で軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガをした。

 12日午前5時20分頃、軽トラックが対向してきたマイクロバスと正面衝突した。

この事故で軽トラックを運転していた40代の男性が胸などを強く打ち死亡した。

マイクロバスは福島第一原発に向かう途中で、東京電力の協力企業の作業員など22人が乗っていたが、いずれも軽傷だという。

 現場は見通しのよい直線道路で、警察が事故の原因を調べている。

日本テレビ系(NNN) 2017/4/12(水)

福島県双葉郡大熊町の国道6号で、軽トラックとマイクロバスが衝突し1人が死亡、22人がケガをするという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方々の回復をお祈りいたします。