大型バスが乗用車に追突し、6台がからむ玉突き事故で斎藤実容疑者現行犯逮捕(群馬県高崎市)

大型バスが、赤信号で停車中の乗用車に追突

斎藤容疑者は「前をよく見ていなかった」と話している

大型バスが乗用車に追突し、6台がからむ玉突き事故で斎藤実容疑者現行犯逮捕(群馬県高崎市)

大型バスが乗用車に追突し、6台がからむ玉突き事故で斎藤実容疑者現行犯逮捕(群馬県高崎市)

 群馬・高崎市で、大型バスやトラックなど6台がからむ玉突き事故が起き、5人が負傷した。

 6日午前11時ごろ、高崎市中居町の国道で、大型バスが、赤信号で停車中の乗用車に追突し、はずみで前にいたトラックにぶつかるなど、6台がからむ玉突き事故となり、5人が軽傷を負った。

 目撃者は「ドーンっていって、ドンドンって感じ。(バスの運転手は)やっちゃった、しまったという感じ」と話した。

 警察は、大型バスを運転していた斎藤実容疑者(64)を、過失運転致傷の現行犯で逮捕し、斎藤容疑者は「前をよく見ていなかった」と話している。

(フジテレビ系(FNN)2016年 6月6日)

斎藤容疑者は「前をよく見ていなかった」と話しているということですが、これだけの大型バスが追突したら、もし追突したのがバイクや軽自動車だったらかなりの衝撃でもっと重傷者が増えていたかもしれないと思うととても怖いです・・・。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー