クマと乗用車が衝突(宮城県大崎市)

クマはすぐに現場から立ち去り、男性にけがはなかった

「最初は黒い塊にしか見えず、クマと分からなかった。怖かった」

クマと乗用車が衝突(宮城県大崎市)

クマと乗用車が衝突(宮城県大崎市)

23日午前8時ごろ、宮城県大崎市岩出山上真山の市道で、栗原市の会社員男性(25)の乗用車が道路脇から出てきたクマと衝突した。

クマはすぐに現場から立ち去り、男性にけがはなかった。

男性によると、クマの体長は1メートル強で「最初は黒い塊にしか見えず、クマと分からなかった。怖かった」と話した。

現場は山林に囲まれた道路で真山小から約300メートルと近く、鳴子署などが注意を呼び掛けている。

 県内では23日、午後2時15分ごろ仙台市宮城野区岩切台屋敷で、午後6時10分ごろには大和町小野煤懸でもクマが目撃された。

河北新報 2017/5/24(水)

宮城県大崎市岩出山上真山の市道で、栗原市の会社員男性(25)の乗用車が道路脇から出てきたクマと衝突するという事故が起きました。

この事故で、クマはすぐに現場から立ち去り、男性にけがはないとのことです。