北陸自動車道の小矢部ICー金沢森本IC間で、約100台の車が立ち往生(富山県小矢部市、石川県金沢市)

富山ー丸岡間が通行止め(10時現在)

中日本高速道路の職員が水や食べ物を配っている

北陸自動車道の小矢部ー金沢森本間で、約100台の車が立ち往生 画像:

北陸自動車道の小矢部ー金沢森本間で、約100台の車が立ち往生 画像:日本道路交通情報センターより

 中日本高速道路によると、北陸自動車道は雪のため、12日午前5時現在、小杉ー加賀インターチェンジ(IC)の上下線で通行止めとなっている。

午前6時15分から富山ー小杉IC間も雪のため通行止めとなった。

 小矢部ー金沢森本間では約100台が立ち往生しているもようで、中日本高速道路の職員が水や食べ物を配っている。

停車している車両を引っ張り出すなど除去作業を行ってから、除雪を進めるため、通行止め解除のめどはたっていない。

 県警によると、東海北陸道は福光ICー砺波小矢部ジャンクション(JCT)、能越自動車道は小矢部東ICー砺波小矢部JCTの間が通行止めとなっている。

北日本新聞社 2017/1/12(金)

北陸自動車道の小矢部ICー金沢森本IC間で、約100台の車が立ち往生しているとのことです。