覆面パトカーに追跡され軽乗用車と衝突し逃亡した田中栄作容疑者(33)逮捕(茨城県笠間市)

「無免許だったので逃げた」などと供述

田中容疑者が運転していた乗用車は不法に改造している疑い

覆面パトカーに追跡され軽乗用車と衝突し逃亡した田中栄作容疑者(33)逮捕(茨城県笠間市)

覆面パトカーに追跡され軽乗用車と衝突し逃亡した田中栄作容疑者(33)逮捕(茨城県笠間市)

 20日未明、茨城県笠間市の県道で覆面パトカーに追跡されていた乗用車が軽乗用車と衝突し、軽乗用車に乗っていた女性が死亡したひき逃げ事件で、警察は、乗用車を運転していた33歳の無職の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

 20日午前0時半ごろ、笠間市東平の県道で、覆面パトカーに追跡されていた乗用車と軽乗用車が衝突し、軽乗用車の助手席に乗っていた近くに住む五十嵐梨奈さん(23)が胸を強く打つなどして病院に運ばれましたが、その後、死亡したほか、運転していた夫で会社員の壮人さん(22)も両足に大けがをしました。

 警察は、乗用車を運転していた人物が車を乗り捨てて現場から逃げたことから、ひき逃げ事件として捜査を進めた結果、20日午後、住所不定、無職の田中栄作容疑者(33)をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

 調べに対し、田中容疑者は「無免許だったので逃げた」などと供述し、容疑を認めているということで、警察は当時の詳しい状況を調べています。

 警察によりますと、田中容疑者が運転していた乗用車は不法に改造している疑いがあるとして、覆面パトカーが赤色灯を点灯させサイレンを鳴らして追跡中だったということです。

(NHK NEWS WEB 2016年8月20日)

田中容疑者が運転していた乗用車は不法に改造している疑いがあるとして、覆面パトカーが赤色灯を点灯させサイレンを鳴らして追跡中だったということですが、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー