パトカーを運転していた松野真志巡査部長、倒れていた平田茂男さんはねる(岐阜県神戸町)

「気付いたら平田さんを乗り上げていた」

不審車両の通報を受け、勤務する交番から現場に向かう途中

patrol_car_img

 捜査中のパトカーにはねられ、男性が死亡しました。

 22日午後11時10分ごろ、岐阜県神戸町の路上で、近くに住む会社員の平田茂男さん(58)がパトカーにはねられ、死亡しました。

 パトカーを運転していたのは大垣署地域課の松野真志巡査部長(31)で、不審車両の通報を受け、勤務する交番から現場に向かう途中だったということです。

 松野巡査部長は、「気付いたら平田さんを乗り上げていた」と話しているということで、警察は、平田さんが車道に倒れていたとみて、事故の詳しい原因を調べています。

(TBS News i 2016年7月23日)

「気付いたら平田さんを乗り上げていた」と話しているということで、警察は、平田さんが車道に倒れていたとみているとのことですが、いったいなにがあったのでしょうか?

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画