パトカーが無免許運転の少年(19)の盗難車を追跡中タクシーと追突、4人死傷(石川県宝達志水町)

「現時点で適正な職務執行だったと認識している」

盗難届が出ている車だったことから停止を求めたが逃走

パトカーが無免許運転の少年(19)の盗難車を追跡中タクシーと追突、4人死傷(石川県宝達志水町)

パトカーが無免許運転の少年(19)の盗難車を追跡中タクシーと追突、4人死傷(石川県宝達志水町)

 
 27日午後4時40分ごろ、石川県宝達志水町柳瀬の国道交差点で、パトカーの追跡を受けていた同県かほく市の少年(19)運転の軽ワゴン車がタクシーと衝突した。

 タクシーの後部座席に乗っていた宝達志水町の無職武内緑子さん(85)が出血性ショックで約3時間半後に亡くなり、同乗の同町無職の畠中外美喜さん(79)も頸椎(けいつい)を折るなど重体。

 タクシーの男性運転手(74)と少年も軽傷を負った。

 石川県警羽咋署は自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで少年から事情を聴いている。

 羽咋署によると、署員が羽咋市新保町の国道で、少年運転の軽ワゴン車を発見。

 盗難届が出ている車だったことから停止を求めたが逃走したため、パトカーが 約2キロ追跡した。

 少年は無免許だったという。

 署は追跡方法について「現時点で適正な職務執行だったと認識している」としている。

(朝日新聞デジタル 2016年7月28日)

署は追跡方法について「現時点で適正な職務執行だったと認識している」としているということですが、まさかこんな事故が起きるとは予想できなかったのではないでしょうか。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー