酒気帯び運転の疑いで、千葉県警富津警察署地域課長、板橋英希容疑者(44)を逮捕(千葉県千葉市花見川区)

京葉道路上り幕張パーキングエリア内で接触事故

呼気を測ったところ基準値を超えるアルコールが検出

酒気帯び運転の疑いで、千葉県警富津警察署地域課長、板橋英希容疑者(44)を逮捕(千葉県千葉市花見川区)

酒気帯び運転の疑いで、千葉県警富津警察署地域課長、板橋英希容疑者(44)を逮捕(千葉県千葉市花見川区)

 酒気帯び運転の疑いで、千葉県警・富津署の課長が逮捕されました。

 逮捕されたのは富津警察署・地域課長の警部、板橋英希容疑者(44)です。

 板橋容疑者は26日正午前、千葉市・花見川区の京葉道路上り幕張パーキングエリア内で、酒気帯び状態で乗用車を運転した疑いが持たれています。

 板橋容疑者は、パーキングエリアで駐車しようとして別の車に接触する事故を起こしました。

警察が駆けつけた際、酒の臭いがしたため、呼気を測ったところ基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

 富津署は「当署員がこのような事案を起こし大変申し訳ありません。再発防止に向けて指導の再徹底に取り組んでまいります」とコメントしています。

TBS系(JNN)2017/11/27(月)

酒気帯び運転の疑いで、千葉県警富津署の課長が逮捕されたとのことです。

飲酒運転は、絶対に許せません。