高速道路を走行中に助手席の渡貫正基容疑者(53)が運転中の女性(66)の首を刺す(千葉県山武市)

車を高速道路の脇に止め後ろから来た車に助けを求めた

「女性は自分のおばで、金を返さないのでやった」と供述

高速道路を走行中に助手席の渡貫正基容疑者(53)が運転中の女性(66)の首を刺す(千葉県山武市)

高速道路を走行中に助手席の渡貫正基容疑者(53)が運転中の女性(66)の首を刺す(千葉県山武市)

 千葉県山武市で、高速道路を走行中の車内で助手席に座っていた男が運転席の女性の首などをカッターナイフで刺して殺害しようとしたとして逮捕されました。

 渡貫正基容疑者(53)は28日午前9時ごろ、山武市の圏央道を走行中の車内で、運転していた女性(66)の首などをカッターナイフで刺して殺害しようとした疑いが持たれています。

 警察によりますと、女性は刺された後、車を高速道路の脇に止めて外に出て、後ろから来た車に手を振って助けを求め、その車に乗って近くの料金所まで逃げたということです。

 車を運転していた男性が携帯電話で110番通報し、女性は命に別状はないということです。

 取り調べに対して渡貫容疑者は「女性は自分のおばで、金を返さないのでやった」と供述し、容疑を認めています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 8月29日)

取り調べに対して渡貫容疑者は「女性は自分のおばで、金を返さないのでやった」と供述し、容疑を認めているとのことですが、走行中ですし、怖い事件ですね・・・。今後の詳しい捜査による事件の解明が待たれます。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ