臨時講師の女性が運転する乗用車が男子児童と衝突、児童が足の骨を折る重傷(兵庫県宝塚市)

児童は左の大腿骨を折るなど重傷

「男児が車と接触し、出血している」と119番通報

臨時講師の女性が運転する乗用車が男子児童と衝突、児童が足の骨を折る重傷(兵庫県宝塚市)

臨時講師の女性が運転する乗用車が男子児童と衝突、児童が足の骨を折る重傷(兵庫県宝塚市)

 6日朝、兵庫県宝塚市の小学校で臨時講師の女性が運転する乗用車が男子児童と衝突し、児童が足の骨を折る重傷を負いました。

 午前8時半前宝塚市立山手台小学校の教頭から「男児が車と接触し、出血している」と119番通報がありました。

 学校関係者によりますとこの学校の臨時講師の女性(25)が運転する乗用車が敷地内の駐車場に向かっていたところ、6年生の男子児童(11)が飛び出して、車と衝突したということです。

 児童は左の大腿骨を折るなど重傷で警察は過失運転傷害の疑いで当時の詳しい状況を調べています。

(毎日放送 2016年6月6日)

児童は左の大腿骨を折るなど重傷ということですので、かなりの事故だったように思えます。突然の飛び出しで車はすぐに止まれなかったのかもしれませんが、小学校の敷地内ですし、今後は敷地内での厳格な速度規制などの対策が必要かもしれないですね。

アラームで知らせるバックセンサー

バックセンサー&モニターセット