路上で寝込んでいた松橋智尚さん(34)車にはねられ死亡、アルコールが検出(東京都武蔵野市吉祥寺)

現場は一方通行で、夜間は人通りが少ない

「何かに当たって車を降りてみたら、人をはねてしまった」と通報

kyukyu_img02

 
 東京・吉祥寺の路上で寝込んでいた30代の男性が車にはねられ、搬送先の病院で死亡しました。

 24日午前4時ごろ、武蔵野市吉祥寺の路上で「何かに当たって車を降りてみたら、人をはねてしまった」と通報がありました。

 警察官などが駆け付けると、松橋智尚さん(34)が道路に倒れていて、搬送先の病院で死亡しました。

 現場は一方通行で、夜間は人通りが少ないということです。

 松橋さんからはアルコールが検出されていて、警視庁は道路に寝込んでいた経緯などを調べています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 9月25日

松橋さんからはアルコールが検出されていて、警視庁は道路に寝込んでいた経緯などを調べているということで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。