酒に酔って路上で寝ていた宮川貢さんをひき逃げした渡辺邦男容疑者逮捕(東京都江戸川区)

目撃した人が逃げたタクシーの特徴を覚えていた

「自分が悪いからしょうがない」などと供述している

kyukyu_img

 30日未明、東京・江戸川区で酒に酔って路上で寝ていた男性をひいて死亡させ、そのまま逃げたとして、タクシー運転手がひき逃げなどの疑いで警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、東京・江戸川区のタクシー運転手、渡辺邦男容疑者(70)で、警視庁の調べによりますと、30日午前0時すぎ、江戸川区松江で酒に酔って路上で寝ていた、区内に住む会社員、宮川貢さん(66)をひいて死亡させ、そのまま逃げたとして、ひき逃げなどの疑いがもたれています。

 目撃した人が逃げたタクシーの特徴を覚えていたことなどから、警視庁が付近を探したところ、現場近くに止まっていたタクシーを見つけ、ひき逃げした痕跡などがあったため、逮捕しました。

 警視庁によりますと、渡辺容疑者はタクシーの営業中で、調べに対し、「自分が悪いからしょうがない」などと供述しているということで、警視庁が詳しい経緯を調べています。

(NHK NEWS WEB 2016年7月30日)

渡辺容疑者はタクシーの営業中で、調べに対し、「自分が悪いからしょうがない」などと供述しているということですが、いったいなにがあったのでしょうか。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画