乗用車と路線バスが衝突する事故があり、乗客5人が重軽傷(兵庫県尼崎市)

阪神バスと追い越し車線から車線変更の乗用車が衝突

バスには約40人の乗客、バスが急停車したため一部が倒れこむ

乗用車と路線バスが衝突する事故があり、乗客5人が重軽傷(兵庫県尼崎市)

乗用車と路線バスが衝突する事故があり、乗客5人が重軽傷(兵庫県尼崎市)

 22日朝、兵庫県尼崎市の県道で普通乗用車と路線バスが衝突する事故があり、乗客5人が病院に運ばれました。1人が重傷とみられています。

 午前7時半ごろ、尼崎市稲葉元町の県道「尼崎宝塚線」で走行車線を走っていた阪神バスと追い越し車線から車線変更をしようとした乗用車が衝突しました。

 バスには約40人の乗客がいて、バスが急停車したため一部が倒れこむなどしました。

 男性3人と女性2人の乗客が病院に搬送され、80代の女性1人が骨折の疑いがあるとみられていますが、ほかは軽傷だということです。

 警察は乗用車がバスの前に無理に割り込んできたのが原因とみて、乗用車を運転していた男性会社員(58)から詳しい事情を聞いています。

 現場は、片側2車線の直線道路です。

(毎日放送 2016年6月22日)

追い越し車線から車線変更をしようとした乗用車が阪神バスと衝突、警察は乗用車がバスの前に無理に割り込んできたのが原因とみているようですが、こういった無理な割り込みは非常に怖いですね・・・。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー