軽乗用車が作業車両に衝突 3人重体 伊勢自動車道

作業車両と前にあった別の作業車両の間に挟まれた

路上にいた2人は、非常駐車帯で標識や看板などの撤去作業中

軽乗用車が作業車両に衝突 3人重体 伊勢自動車道

軽乗用車が作業車両に衝突 3人重体 伊勢自動車道

 2日夕方、三重県多気町の伊勢自動車道上り線で、軽乗用車が高速道路会社の作業車両に衝突し、路上で作業していた男性2人と軽乗用車を運転していた男性の合わせて3人が全身を強く打って意識不明の重体となっています。

 2日午後5時20分ごろ、三重県多気町の伊勢自動車道上り線の勢和多気ジャンクションと松阪インターチェンジの間で、軽乗用車が道路脇に止まっていた中日本高速道路の作業車両に衝突しました。

 こ の事故で、路上で作業をしていた27歳と64歳の男性が、軽乗用車が衝突した作業車両と、前に止めてあった別の作業車両の間に挟まれました。

 作業していた 男性2人と、軽乗用車を運転していた津市の38歳の男性は松阪市内の病院で手当てを受けていますが、全身を強く打っていて意識不明の重体となっています。

 現場は片側2車線の見通しのよいほぼ直線の道路で、警察によりますと事故当時、路上にいた2人は通行規制を解除するため、非常駐車帯で標識や看板などの撤去作業を行っていたということです。

(NHK NEWS WEB 2月2日

 2日午後5時20分ごろ、三重県多気町牧の伊勢自動車道上り線で、非常駐車帯に止まっていた中日本高速道路会社の作業用2トントラックに軽乗用車が追突し た。

 押されたトラックの前にいた警備員2人が、その前の別の作業用2トントラックとの間に挟まれ、軽乗用車を運転していた男性とともに重体になった。

 警備員2人は同県亀山市野村1丁目、横山貴広さん(27)と同県鈴鹿市竹野1丁目、高芝久生さん(64)。軽乗用車を運転していたのは津市観音寺町、職業不詳平林典久さん(38)。

 県警高速隊によると、現場は勢和多気インターチェンジから北に約5キロで、片側2車線のほぼ直線道路の脇。のり面の工事後、警備員2人は看板などの片付けをしていたという。

 事故現場では同日午後7時現在、上りの走行車線だけが通れなくなっている。

(朝日新聞デジタル 2月2日)

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー