走行中のオートバイが転倒し、ワゴン車と衝突(大阪府堺市堺区)

オートバイを運転していた、山口敬正さん(32)が死亡

ワゴン車を運転していた会社員の男(20)を現行犯逮捕

走行中のオートバイが転倒し、ワゴン車と衝突(大阪府堺市堺区)

走行中のオートバイが転倒し、ワゴン車と衝突(大阪府堺市堺区)

 

4日午前0時20分ごろ、堺市堺区匠町の市道で、走行中のオートバイが転倒して反対車線に飛び出し、対向車線を走っていたワゴン車と衝突した。

オートバイを運転していた同市北区の会社員、山口敬正さん(32)が病院に搬送されたが、まもなく死亡。

大阪府警堺署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、ワゴン車を運転していた大阪府河内長野市の会社員の男(20)を現行犯逮捕した。

容疑を認めているという。

 同署によると、現場は片側1車線のカーブ。

山口さんが走行中に何らかの原因で転倒したとみられ、同署は容疑を過失致死に切り替えて事故の原因を調べている。

産経WEST 2017/7/4(火)

堺市堺区匠町の市道で、走行中のオートバイが転倒して反対車線に飛び出し、対向車線を走っていたワゴン車と衝突し、オートバイを運転していた男性(32)が死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。