【山陽道トンネル事故】フィリピン出身?トラック運転手・皆見成導容疑者(33)を過失運転致死の疑いで逮捕(広島県東広島市)

追突する直前までブレーキをかけた痕がなかった

以前の記事の続報です。
>>【山陽道トンネル事故】2人死亡約70人負傷…車5台炎上、黒煙が激しく上がり現場騒然(広島県東広島市)

この記事の続報あります。
>>【山陽道トンネル事故】居眠り運転し追突事故で2人を死亡させたトラック運転手・皆見成導被告(33)懲役4年の判決(広島県東広島市)

埼玉県から福岡県に引っ越しの荷物を運ぶ途中だった

【山陽道トンネル事故】2人死亡約70人負傷…車5台炎上、黒煙が激しく上がり現場騒然

【山陽道トンネル事故】2人死亡約70人負傷…車5台炎上、黒煙が激しく上がり現場騒然

 
 17日、広島県東広島市にある山陽自動車道のトンネルで発生した多重衝突事故で、警察は、最初に追突したトラックの運転手を過失運転致死の疑いで逮捕しました。

 逮捕されたのは、埼玉県越谷市の会社員・皆見成導容疑者(33)です。警察によりますと、皆見容疑者は17日午前7時半ごろ、山陽道下り八本松トンネル で渋滞のため停まっていた車に次々と衝突し、竹原市の丸岡節枝さん(65)ら2人を死亡させた疑いが持たれています。容疑を認めているということです。

 これまでの警察の調べで、皆見容疑者が運転していたトラックが渋滞の列に突っ込んだあと、前の車を押し出すように長い距離を走り続けたことがわかってい ます。また、追突する直前までブレーキをかけた痕がなかったことも新たにわかりました。

 警察は、十分な減速をしないまま高速で追突したとみて、皆見容疑者 から事故当時の状況を詳しく聴くことにしています。

 皆見容疑者は埼玉県川口市の運送会社の従業員で、埼玉県から福岡県に引っ越しの荷物を運ぶ途中だったと いうことです。

 国土交通省は午後、この会社に特別監査に入りました。運行管理体制や車両の整備状況に問題がなかったかなどについて調べています。

(TBS系(JNN) 3月18日)

以前の記事の続報です。
>>【山陽道トンネル事故】2人死亡約70人負傷…車5台炎上、黒煙が激しく上がり現場騒然(広島県東広島市)

この記事の続報あります。
>>【山陽道トンネル事故】居眠り運転し追突事故で2人を死亡させたトラック運転手・皆見成導被告(33)懲役4年の判決(広島県東広島市)

容疑者の皆見成導と同姓同名のFacebookアカウントがありました。経歴が、元防衛省のソルジャーで、静岡県立横須賀高校に在学、Philippine, Zeeland, Netherlands出身と記載されていました。

そして、運転中に撮影したと思われる画像や動画が何枚もアップされていたので、もし運転しながら撮影したとしたら、ちょっと怖いですね。雪道での運転の撮影も何枚もありました。

今回の事故では、追突する直前までブレーキをかけた痕がなかったことが怖いですね・・・。追突して何台かの車を追い越し車線にはねとばしたということですが、追突された人は可哀想です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー