【続報】定山渓の朝里峠で、サイドカー付きのバイクが転落した事故で、意識不明の重体だった妻の理恵さん(39)が死亡(北海道札幌市南区)

堀さん家族は事故当時、ヘルメットを着けていなかった

以前の記事は、こちらから
>>朝里峠でサイドカー付きのバイクが転落、妻と13歳の娘が、意識不明の重体(北海道札幌市南区)

警察は、理恵さんの死因と事故原因を、詳しく調べている

【続報】定山渓の朝里峠で、サイドカー付きのバイクが転落した事故で、意識不明の重体だった妻の理恵さん(39)が死亡(北海道札幌市南区)

【続報】定山渓の朝里峠で、サイドカー付きのバイクが転落した事故で、意識不明の重体だった妻の理恵さん(39)が死亡(北海道札幌市南区)


【続報】定山渓の朝里峠で、サイドカー付きのバイクが転落した事故で、意識不明の重体だった妻の理恵さん(39)が死亡(北海道札幌市南区)

【続報】定山渓の朝里峠で、サイドカー付きのバイクが転落した事故で、意識不明の重体だった妻の理恵さん(39)が死亡(北海道札幌市南区)

 8月23日、札幌市南区で家族3人が乗ったサイドカー付きのバイクが路外に転落した事故で、24日午後、重体だった運転手の妻が死亡しました。

 この事故は、23日午後2時過ぎ、札幌市南区定山渓の朝里峠で、札幌市の自営業、堀譲さん(42)が運転するサイドカー付きのバイクが路外に飛び出し、2~3メートル下に転落したものです。

 この事故で、堀さんの妻の理恵さん(39)と娘の汐律奈さん(13)が頭を強く打ち、意識不明の重体となっていましたが、妻の理恵さんが、24日午後死亡しました。

 堀さんも、肋骨を折るなどの重傷です。

 警察によりますと、堀さんのバイクは、道路交通法上、普通自動車に分類され、ヘルメットの着用義務はなく、堀さん家族は事故当時、ヘルメットを着けていなかったということです。

 警察は、理恵さんの死因と事故原因を、詳しく調べています。

UHB 北海道文化放送 2017/8/24(木)

以前の記事は、こちらから
>>朝里峠でサイドカー付きのバイクが転落、妻と13歳の娘が、意識不明の重体(北海道札幌市南区)

札幌市南区で家族3人が乗ったサイドカー付きのバイクが路外に転落した事故で、24日午後、重体だった運転手の妻が死亡したとのことです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方々の回復をお祈りします。