検問を行っていた警察官が、オートバイにはねられ重傷(岐阜県関市)

自称アルバイトの水野悦司容疑者(22)を現行犯逮捕

男性警察官は、右足を骨折するなど、全治3か月の重傷

検問を行っていた警察官が、オートバイにはねられ重傷(岐阜県関市)

検問を行っていた警察官が、オートバイにはねられ重傷(岐阜県関市)

20日、岐阜県関市の国道で検問を行っていた警察官が、オートバイにはねられ重傷です。

 関警察署によりますと、20日午後9時40分頃、関市の国道で、56歳の男性警察官が検問を行っていたところ、反対の車線を走るオートバイにはねられました。

 オートバイが、大きな音を出して走行していたことから、男性警察官が制止しようとしたところ、はねられたということです。

 男性警察官は、右足を骨折するなど、全治3か月の重傷です。

 警察は、オートバイを運転していた岐阜県美濃加茂市の自称アルバイト・水野悦司容疑者(22)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

 取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

CBCテレビ 2017/6/21(水)

岐阜県関市の国道で検問を行っていた警察官が、オートバイにはねられ重傷を負うという事故が起きました。

怪我をされた警察官の回復をお祈りします。