ひき逃げ容疑で害虫駆除会社経営・岡田聖司容疑者を逮捕(東京都世田谷区)

「何かを踏んで少し不安だったが、そのまま帰った」

防犯カメラに、男性をはね、一旦停止、逃走する様子が写っていた

ひき逃げ容疑で害虫駆除会社経営・岡田聖司容疑者を逮捕(東京都世田谷区)

ひき逃げ容疑で害虫駆除会社経営・岡田聖司容疑者を逮捕(東京都世田谷区)

 今月3日、東京都世田谷区の路上で男性がひき逃げされ意識不明の重体となっている事件で、警視庁は害虫駆除会社経営の男を逮捕しました。

 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、杉並区の害虫駆除会社経営・岡田聖司容疑者(39)で、3日未明、世田谷区の路上で車を運転中、歩いていた72歳の男性を後ろからはね、そのまま逃走した疑いが持たれています。男性は意識不明の重体です。

 警視庁によりますと、近くの防犯カメラには岡田容疑者の運転する車が男性をはねたあと、一旦停止し、逃走する様子が写っていたということです。取り調べ に対し、岡田容疑者は「何かを踏んで少し不安だったが、そのまま帰った」と供述しているということです。

(TBS系(JNN)2016年 4月4日)

未明のひき逃げのようですが、何かを踏んで少し不安だったのなら、どうして確かめなかったのか不思議です。そのまま逃げずに被害者の方を救護するべきだったのではないでしょうか。

防犯カメラに容疑者の車が写っていたおかげで逮捕されて本当に良かったと思います。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画