バッテリーが上がった車とブースターケーブルで接続中に急発進、駐車場に止まっていた車7台と衝突(青森県八戸市)

八戸市田向毘沙門平の商業施設駐車場

「バッテリーが上がってしまった。電気を分けてほしい」

死亡した男性が乗っていた暴走車両=4日午後6時5分ごろ、八戸市田向のショッピングセンター駐車場

死亡した男性が乗っていた暴走車両=4日午後6時5分ごろ、八戸市田向のショッピングセンター駐車場

 4日午後4時半ごろ、八戸市田向毘沙門平の商業施設駐車場で、70代男性を乗せた車が暴走し、駐車場に止まっていた車7台と衝突。

 男性は車内から救助され、市内の病院に運ばれたが、1時間後に死亡した。ほかにけが人はなかった。

 八戸署によると、男性の車は、バッテリーが上がった車とブースターケーブルで接続中に急発進したとみられる。

 同署は男性の身元や死因などを調べている。

 同署によると、男性は発生直前、駐車場で近くに止まっていた車の所有者から、「バッテリーが上がってしまった。電気を分けてほしい」と頼まれた。

 引き受けた男性が、車と故障車をケーブルでつなぎバッテリーを充電していたところ、車は突然発進。

 男性を乗せたまま場内を暴走し、止まっていた車に次々とぶつかった後、駐車場に隣接する歩道に乗り上げて停止した。

 男性が救助された際、車内はエアバッグが作動した状態で、シフトレバーはニュートラルに入っていた。

 同署は男性が車の操作を誤った可能性も含め、原因を調べている。

(デーリー東北新聞社 2016年10月5日

同署は男性が車の操作を誤った可能性も含め、原因を調べているとのことですが、いったいなにがあったのでしょうか??今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

アラームで知らせるバックセンサー

バックセンサー&モニターセット