車道にいた大浦祐さん(33)が尾崎重行容疑者(63)運転の大型トラックにはねられ意識不明の重体(北海道苫小牧市)

午前5時10分ごろ、苫小牧市日吉町2丁目の国道36号線

「歩行者を見つけたがはねてしまった」と話している

 12月17日北海道苫小牧市の国道でトラックに歩行者の男性がはねられ、男性は頭などを強く打ち重体となっています。

 午前5時10分ごろ、苫小牧市日吉町2丁目の国道36号線で、車道にいた大浦祐さん(33)が室蘭から苫小牧方向に走っていた大型トラックにはねられました。

 大浦さんは頭を強く打ち救急搬送されましたが、意識不明の重体です。

 この事故でトラックを運転していた室蘭市の運転手尾崎重行容疑者(63)がを過失運転致傷の現行犯で逮捕されました。

 警察によりますと尾崎容疑者は現場で「歩行者を見つけたがはねてしまった」と話しているということです。

(北海道文化放送 2016年12/17

現場で「歩行者を見つけたがはねてしまった」と話しているということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。