パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)

乗用車を運転していた、自称・自営業の40歳の男性が足の骨を折る大けが

男性の乗用車はナンバープレートを照らすランプが切れた状態で蛇行運転していた為、パトカーの警察官が停止するよう求めたが逃走

パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)

パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)


パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)

パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)


パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)

パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)


パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)

パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)


パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)

パトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突(鹿児島県志布志市)

27日未明、志布志市でパトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突し、運転していた男性が大けがをしました。

志布志警察署によりますと、27日午前1時すぎ、志布志市志布志町志布志の市道で、パトカーに追跡されていた乗用車が右カーブを曲がりきれずに歩道に乗り上げた後、ブロック塀に衝突しました。

この事故で、運転していた南さつま市の自称・自営業の40歳の男性が足の骨を折る大けがをしました。

また、追跡していたパトカーも事故を起こした乗用車に接触し、左の前の部分などが損傷しました。

乗っていた男性警察官2人にけがはありませんでした。

事故の前、男性の乗用車はナンバープレートを照らすランプが切れた状態で蛇行運転していたため、パトカーの警察官が停止するよう求めましたが、男性は応じず、逃走したということです。

このためパトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らしながらおよそ2キロ追跡したところで乗用車が事故を起こしたということです。

志布志警察署の木ノ上勇侍副署長は「追跡は適正で、問題はないと認識している」とコメントしています。

MBC南日本放送 | 鹿児島 2017/8/27(日)

志布志市でパトカーに追跡されていた乗用車がブロック塀に衝突し、運転していた男性が大けがをするという事故が起きました。

怪我をされた方の回復をお祈りします。