公用車が電柱に衝突し、運転していた職員の出口順一朗さん(48)が意識不明の重体(鹿児島県志布志市)

出口さんは公務のため1人で公用車に乗り移動していた

公用車の軽ワゴン車が反対車線にはみ出した後、歩道の縁石を乗り越え、電柱に衝突

公用車が電柱に衝突し、運転していた職員の出口順一朗さん(48)が意識不明の重体(鹿児島県志布志市)

公用車が電柱に衝突し、運転していた職員の出口順一朗さん(48)が意識不明の重体(鹿児島県志布志市)

13日午前、志布志市で市の公用車が電柱に衝突し、運転していた職員の男性が意識不明の重体となっています。

志布志警察署によりますと13日午前10時半すぎ、志布志市有明町蓬原の市道で、志布志市の公用車の軽ワゴン車が反対車線にはみ出した後、歩道の縁石を乗り越え、電柱に衝突しました。

この事故で公用車を運転していた市の教育委員会の職員で、志布志市有明町蓬原の出口順一朗さん48歳が、意識不明の重体となっています。

出口さんは公務のため1人で公用車に乗り移動していたということです。

現場は片側一車線の直線道路で警察で事故の原因を調べています。

MBC南日本放送 | 鹿児島 2017/10/13(金)

志布志市で市の公用車が電柱に衝突し、運転していた職員の男性が意識不明の重体とのことです。

けがをされた方の回復をお祈りします。