道路を歩いて渡っていた大坪貞保さん(77)が、乗用車にはねられ骨盤を骨折する重傷(山口県下関市)

乗用車を運転していた69歳の女性にけがはなし

現場は見通しのよい、信号機と横断歩道がない交差点

道路を歩いて渡っていた大坪貞保さん(77)が、乗用車にはねられ骨盤を骨折する重傷(山口県下関市)

道路を歩いて渡っていた大坪貞保さん(77)が、乗用車にはねられ骨盤を骨折する重傷(山口県下関市)画像:tysテレビ山口


道路を歩いて渡っていた大坪貞保さん(77)が、乗用車にはねられ骨盤を骨折する重傷(山口県下関市)

道路を歩いて渡っていた大坪貞保さん(77)が、乗用車にはねられ骨盤を骨折する重傷(山口県下関市)画像:tysテレビ山口

昨夜、山口県下関市の市道で道路を歩いて渡っていた高齢の男性が乗用車にはねられ、重傷となっています。

きのう午後7時45分ごろ、下関市元町の市道交差点で道路を歩いて渡っていた近くに住む無職、大坪貞保さん(77)が市街地方面から走ってきた乗用車にはねられました。

大坪さんは骨盤を骨折するなどしていて一時意識不明となっていましたが現在は、容体が回復しつつあるということです。

現場は見通しのよい片側1車線の直線道路で、信号機と横断歩道がない交差点です。

警察では、乗用車が前をよくみていなかった可能性もあるとみて事故の原因を詳しく調べています。

tysテレビ山口 2018/2/2(金)

1日夜、下関市の市道で、道路を歩いて渡っていた高齢の男性が乗用車にはねられ、大ケガをした。

事故があったのは、下関市元町の市道だ。

下関警察署によると、1日午後7時30分過ぎ、道路を歩いて渡っていた下関市向山町の無職大坪貞保さん77歳が幡生町方面に向け走っていた乗用車にはねられたという。

この事故で大坪さんは病院に運ばれたが、腰の骨を折る大けがをした。下関警察署によると当初は意識がなかったが現在、意識は戻りつつあるという。

乗用車を運転していた69歳の女性にケガはなかった。

現場は四差路の交差点で、信号機も横断歩道もない場所だった。

警察で事故の原因や状況を詳しく調べている。

山口放送 2018/2/2(金)

山口県下関市で、道路を歩いて渡っていた男性(77)が、乗用車にはねられ骨盤を骨折する重傷を負うという事故が起きました。

けがをされた方の回復をお祈りします。