停車中の路線バスにトラックが追突し、乗客7人けが(山口県下関市)

下関市長府外浦町の国道9号線

現場は、見通しの良い片側2車線の道路

停車中の路線バスにトラックが追突し、乗客7人けが(山口県下関市)

停車中の路線バスにトラックが追突し、乗客7人けが(山口県下関市)


停車中の路線バスにトラックが追突し、乗客7人けが(山口県下関市)

停車中の路線バスにトラックが追突し、乗客7人けが(山口県下関市)


停車中の路線バスにトラックが追突し、乗客7人けが(山口県下関市)

停車中の路線バスにトラックが追突し、乗客7人けが(山口県下関市)

山口・下関市で18日朝、バス停に止まっていた路線バスに、トラックが追突する事故があり、乗客7人がけがをした。

警察によると、18日午前7時ごろ、下関市長府外浦町の国道9号線で、バス停に止まっていた路線バスに、トラックが追突した。

バスには、乗客17人が乗っていて、この事故で、30代から70代の男女7人が、足や腰に痛みを訴えているが、いずれも軽傷だという。

双方の車の運転手に、けがはなかった。

現場は、見通しの良い片側2車線の道路で、トラックの男性運転手は、「前をよく見ていなかった」などと話しているという。

警察は、運転手から、さらに話を聴き、事故の原因をくわしく調べている。

フジテレビ系 (FNN) 2017/1/18(水) 

バス停に止まっていた路線バスに、トラックが追突する事故が発生しました。

トラックの男性運転手は、「前をよく見ていなかった」などと話しているとの事ですが
停止していた車両が軽自動車やバイクなどであったら更に重大な事故になっていたかもしれません。

いかなる時も、慎重な運転が必要だと思います。

怪我をされた方々の回復を願います。