東北道で車に衝突、ひき逃げ容疑で県職員(62)逮捕(福島県白河市)

郡山市の会社員男性(45)が運転する軽乗用車と衝突

男性の首などに約1週間のけがをさせたが、そのまま逃走

東北道で車に衝突、ひき逃げ容疑で県職員(62)逮捕(福島県白河市)

東北道で車に衝突、ひき逃げ容疑で県職員(62)逮捕(福島県白河市)

県警高速隊は30日午後8時10分、自動車運転処罰法違反(過失致傷)とひき逃げの疑いで小野町、県県南農林事務所任期付き職員、容疑者男(62)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前7時15分ごろ、白河市の東北道上り線で乗用車を運転中、追い越し車線から走行車線に進路変更する際、郡山市の会社員男性(45)が運転する軽乗用車と衝突し、男性の首などに約1週間のけがをさせたが、そのまま逃走した疑い。

福島民友新聞 2017/1/31(火)

県県南農林事務所任期付き職員、容疑者男(62)が、白河市の東北道上り線で乗用車を運転中、追い越し車線から走行車線に進路変更する際、郡山市の会社員男性(45)が運転する軽乗用車と衝突し、男性の首などに約1週間のけがをさせたが、そのまま逃走した疑いがもたれています。

怪我をされた方の回復をお祈りします。