新東名高速道路の最高速度を時速110キロに試験的に引き上げ(静岡県)

大型トラックやトレーラーなどの最高速度は時速80キロのまま

試行区間は新静岡インターチェンジ(IC)~森掛川ICの50・5キロ

新東名高速道路の最高速度を時速110キロに試験的に引き上げ(静岡県)

新東名高速道路の最高速度を時速110キロに試験的に引き上げ(静岡県)

 筋伊知朗静岡県警本部長は25日の県議会9月定例会で、新東名高速道路の最高速度を時速110キロに試験的に引き上げることに伴う安全対策として、片側3車線区間の大部分で大型貨物車が通行できる車線を道路左端の第1通行帯に指定する交通規制を行うと明らかにした。江間治人氏(自民改革会議、磐田市)の代表質問に答えた。

 試行区間は新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川ICの50・5キロ。

普通自動車や軽自動車などの最高速度を現行の時速100キロから引き上げる一方、大型トラックやトレーラーなどの最高速度は時速80キロのまま据え置く。

車両同士の速度差が広がり、重大事故につながる懸念があることに対応する。トレーラーは既に高速道路で第1通行帯を通行するよう規制されている。

 筋本部長はこのほかの安全対策に速度違反取り締まり装置の増設や車間距離を保っていない車両の取り締まり強化などを掲げ、「道路管理者などと緊密な連携を図り、交通事故抑止と道路利用者の利便性の双方に資する適正な速度管理を実施する」と述べた。

 警察庁と静岡県警は最高速度を試験的に引き上げる時期を11月1日からとする方向で最終調整している。

静岡新聞社 2017/9/26(火)

新東名高速道路の最高速度を時速110キロに試験的に引き上げるとのことです。