自転車に乗っていた小学3年生の男の子が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体(埼玉県入間市)

右側から来た自転車の子どもをはねたのは間違いない

男児が自転車に乗って片側1車線の国道を渡ろうとしてはねられる

自転車に乗っていた小学3年生の男の子が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体(埼玉県入間市)

自転車に乗っていた小学3年生の男の子が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体(埼玉県入間市)

 18日午後、埼玉県入間市の国道で自転車に乗っていた小学3年生の男の子が車にはねられ、意識不明の重体です。

 18日午後4時半すぎ、入間市野田の国道で近くに住む小学3年生で8歳の男の子が自転車に乗っていたところ、走ってきた軽乗用車にはねられました。

 警察によりますと、男の子は病院に搬送されましたが頭などを強く打って意識不明の重体だということです。

 警察は軽乗用車を運転していた埼玉県飯能市の無職、中尾智咲容疑者(24)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

 現場は国道と私道が交わる信号機のない交差点で、警察が事故の状況を詳しく調べています。

(首都圏NEWS WEB 2016年5月18日)

 18日午後4時40分ごろ、埼玉県入間市野田の国道299号で、自転車で道路を横断していた入間市の小学3年の男児(8)が軽乗用車にはねられた。男児は頭などを強く打ち、病院に搬送されたが、意識不明の重体。

 狭山署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、軽乗用車の飯能市中藤上郷、無職中尾智咲容疑者(24)を現行犯逮捕した。

 同署によると、現場は信号機と横断歩道のない交差点。北側の私道から男児が自転車に乗って、片側1車線の国道を渡ろうとしたところ、狭山市方面から飯能市方面に直進していた軽乗用車にはねられたという。

 近くにいた女性が「小学1、2年生ぐらいの子どもが倒れている。出血もあるようだ」と110番した。中尾容疑者は「右側から来た自転車の子どもをはねたのは間違いない」と供述しているという。同署で原因を調べている。

(埼玉新聞 2016年5月18日)

現場は国道と私道が交わる信号機のない交差点だったようですので、横断歩道もなかった場所だったのでしょうか。午後4時という明るい時間帯ですし、自転車に乗っていた小学3年生の男の子が道路を横断しようとしていたらわかったのではないでしょうか?

男の子は頭などを強く打って意識不明の重体ですので、とても心配です。大事に至らないといいのですが。