酒気帯び運転でひき逃げ事故を起こしたとして、消防士・佐藤大輔容疑者(25)逮捕(岐阜市住ノ江町)

午前4時ごろ、岐阜市住ノ江町1丁目の市道交差点

酒気を帯びた状態で乗用車を運転し軽乗用車に衝突

 酒気帯び運転でひき逃げ事故を起こしたとして、岐阜県警岐阜中署は24日、乗用車を運転していた消防士を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)の疑いで、同乗の男を道交法違反(酒気帯び運転同乗)の疑いで逮捕し、発表した。2人とも容疑を認めているという。

 過失運転致傷などの疑いで逮捕されたのは、同県関市関ノ上3丁目、中濃消防組合関消防署西分署の消防士、佐藤大輔容疑者(25)。

 署によると、佐藤容疑者は24日午前4時ごろ、岐阜市住ノ江町1丁目の市道交差点で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、市内の会社員男性(48)の軽乗用車に衝突。

 男性の右腕や右ひざにけがをさせたうえ、同乗者の同県美濃市藍川、会社員遠藤大介容疑者(24)とともに乗用車を置いて立ち去った疑いがある。佐藤容疑者は約30分後、遠藤容疑者は約1時間後に現場に戻ってきたという。

 中濃消防組合の道家直樹消防長は「地域住民の安心安全を守る立場にある職員がこのような不祥事を起こしたことに対し、住民の皆さまに深くおわび申し上げます。

 今後このようなことがないよう全職員の綱紀粛正を徹底いたします。警察の捜査結果を待って厳正に処分します」とのコメントを出した。

(朝日新聞デジタル 2016年12/24

酒気を帯びた状態で乗用車を運転し軽乗用車に衝突したということで、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ