知的障害者施設「津久井やまゆり園」殺傷事件、植松聖容疑者の車に何度もぶつかったとみられる傷(神奈川県相模原市)

植松容疑者が使ったとみられる車が止められていた

黒の相模ナンバーの乗用車は前後が大きく損傷していた

植松容疑者が出頭した際に乗っていた車=神奈川県警津久井署の駐車場で2016年7月26日午前8時47分、国本愛撮影(一部画像を加工しています)(毎日新聞 2016年7月26日【国本愛】)より出典

植松容疑者が出頭した際に乗っていた車=神奈川県警津久井署の駐車場で2016年7月26日午前8時47分、国本愛撮影(一部画像を加工しています)(毎日新聞 2016年7月26日【国本愛】)より出典

 
 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で26日、入所者ら多数が殺傷された事件で、植松聖容疑者(26)が出頭した神奈川県警津久井署の駐車場には、植松容疑者が使ったとみられる車が止められていた。

 黒の相模ナンバーの乗用車は前後が大きく損傷し、車全体に何度もぶつかったとみられる傷が付いていた。

 ハンドルには血痕があり、助手席には血の付いたタオルやビニール袋、運転席には食べかけの菓子パンや1000円札などが散乱し、運転席の飲み物ホルダーには血の付いた消臭剤のようなものもあった。

 後部座席には、血が付着した結束バンドが10本ほど散乱していた。

(毎日新聞 2016年7月26日【国本愛】)

黒の相模ナンバーの乗用車は前後が大きく損傷し、車全体に何度もぶつかったとみられる傷が付いていたということで、いったいなにがあったのでしょうか?

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー