高崎市で小学生の列に車突っ込み、小1男児死亡(群馬県高崎市)

小学生の列に73歳の男が運転する乗用車が突っ込む

「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」という趣旨の供述

高崎市で小学生の列に車突っ込み、小1男児死亡(群馬県高崎市)

高崎市で小学生の列に車突っ込み、小1男児死亡(群馬県高崎市)

 群馬県高崎市で登校中の小学生の列に73歳の男が運転する乗用車が突っ込み、小学1年生の男の子がはねられ死亡しました。男は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」という趣旨の供述をしています。

 3日午前7時半ごろ、高崎市上並榎町の路上で登校していた小学生数人の列に乗用車が突っ込みました。小学1年生の清水海翔君(7)がはねられ、およそ2時間後に死亡が確認されました。

 警察は、乗用車を運転していた市内に住む無職の小見尚旦容疑者(73)を現行犯逮捕しました。警察によりますと、小見容疑者が現場の前の病院の駐車場に車を止めようとしたところ、正面から植え込みを乗り越えて道路に飛び出し、列に突っ込んだということです。

 小見容疑者は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」という趣旨の供述をしているということで、警察は現場の状況などを調べています。

(TBS系(JNN) 3月3日)

 3日午前7時25分ごろ、高崎市上並榎町の市道で、登校中の児童の列に駐車場から飛び出した乗用車が突っ込んだ。この事故で近くに住む、高崎北部小 1年の清水海翔(かいと)君(7)が胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡した。1年女児(7)も両膝をすりむく軽傷を負った。

 高崎署は乗用車を運転していた同市下小鳥町の無職の男(73)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕。容疑を同法違反(過失致死)に切り替えて調べている。

 逮捕容疑は、病院駐車場に停車しようとしたところ、清水君をはねて死亡させた疑い。男は容疑を認めているという。

 同署によると、病院を訪れた男は駐車する際、アクセルとブレーキを踏み違えた。運転する乗用車は駐車場脇の植え込みを乗り越えて清水君をはね、清水君を数メートル引きずった後、対向車線を越えて歩道で停車した。清水君は7人で登校中で前から2番目を歩いていた。

 幼い命を奪った突然の出来事は、児童や近隣住民らに大きな衝撃を与えた。清水君の後ろを歩いていた別の登校班の5年女児は「男の子が倒れていてびっくりした」と言葉少なだった。登校する孫を見送りに来ていた女性(64)は「命は助かったと思ったのに」と絶句していた。

 現場はJR北高崎駅から北西に約2キロの住宅街。

 事故を受けて県警は同日、関係者を集めて緊急対策会議を開き、通学路の見直しや危険箇所の再点検、児童の心のケアについて話し合った。高崎北部小は保護者説明会を開いた。

◎「帰ってきて」と涙  「帰ってきて」「残念」―。突然の訃報に、清水海翔君を知る人は悲しみ嘆いた。事故現場は日没後も花や菓子を供える近隣住民や親子の姿が後を絶たなかった。

 「いつもと変わらない朝だった。帰ってきてほしいという思いでいっぱい。信じられない」。清水君の父親(36)は上毛新聞の取材に応じ、ぼうぜん とした表情で話した。明るく元気で、友達も多かったといい「4月からサッカーを始めるんだと楽しみにしていた」と声を震わせた。

 伯父(42)は「本当にかわいかった」と涙を浮かべた。清水君は1日が誕生日だった祖母に感謝の気持ちを伝える手紙を書き、今週末に届けるつもりだったという。

 高崎北部小の福田一仁校長は「残念の一言」と声を絞り出し、通っていたむつみ幼稚園の外所幸子園長は「優しく誰とでも仲良く遊び、けんかを見たことがない」としのんだ。

 軽傷を負った1年女児の母親(38)は「学校を休んだことがないくらい元気。娘が休むとプリントを持ってきてくれた」と悲しんでいた。

(上毛新聞 3月4日)

本当に気の毒な事故だと思います。アクセルとブレーキの間違いの事故で男の子が死亡するなんて、ひどすぎる事故ですね・・・。

海翔(かいと)くんのご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー