乗用車と大型トラックが正面衝突、19歳男性2人死亡(茨城県古河市)

見通しの良い直線道路で乗用車が対向車線にはみ出した

「相手は真っすぐ来ていたはずだが俺の方にゆっくり寄ってきた」

乗用車と大型トラックが正面衝突、19歳男性2人死亡(茨城県古河市)

乗用車と大型トラックが正面衝突、19歳男性2人死亡(茨城県古河市)

10日朝、茨城県古河市で、乗用車と大型トラックが正面衝突する事故があり、乗用車に乗っていた19歳の男性2人が死亡した。

午前6時ごろ、古河市尾崎の国道で、乗用車と12トントラックが正面衝突した。

この事故で、乗用車を運転していた中嶋裕也さん(19)と、同乗していた古沢佳介さん(19)の2人の死亡が確認された。

大型トラックの運転手の男性は軽傷だった。

トラックの運転手は「相手は真っすぐ来ていたはずだが、俺の方にゆっくり寄ってきた感じ」と話した。

現場は、見通しの良い直線道路で、乗用車が対向車線にはみ出したとみられるという。

(フジテレビ系(FNN) 4月10日)

 

19歳の少年が運転手ということで、スピードの出しすぎ、もしくはスマホでも見ていたのでしょうか?それにしても19歳という若さで死ぬには早すぎます。ただ、衝突したのが12トントラックだったので、相手の運転手さんは軽傷ですみましたが、もし相手が軽自動車や乗用車だったら、もっとひどいケガを負っていたかもしれないですね。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー