交通第一課長・本田良宏容疑者、酒気帯びの状態で車を運転し、街路樹などに衝突して逃走(福島県福島市)

遅刻が事件のきっかけとなった可能性

市内の飲食店などで午前3時ごろまで酒を飲んでいた

patrol_car_img

 酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、取り締まる側の警察幹部でした。

 福島警察署の交通第一課長・本田良宏容疑者(58)は29日、福島市で酒気帯びの状態で車を運転し、街路樹などに衝突して逃走した疑いが持たれています。

 本田容疑者は事件の前日、車を自宅に置き、市内の飲食店などで午前3時ごろまで酒を飲み、その後、出勤時刻を過ぎた午前9時ごろに事故を起こしていることから、警察は遅刻が事件のきっかけとなった可能性があるとみて調べています。

 本田容疑者は「逃げたのは間違いない」と容疑を認めています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 11/30

出勤時刻を過ぎた午前9時ごろに事故を起こしていることから、警察は遅刻が事件のきっかけとなった可能性があるとみて調べているとのことですが、悪質な事故ではないでしょうか・・・。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。